DATE BARCODE

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
USUAL ROTATION
USUAL ROTATION
C
C (JUGEMレビュー »)
Base Ball Bear,小出祐介
USUAL ROTATION
タイトル未定
タイトル未定 (JUGEMレビュー »)
ハロー・セイフライド
USUAL ROTATION
USUAL ROTATION
FOTOLOGUE.JP

There,there.Let's click!

ジャンプ

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ELECTRIC SIGNBOARD
LINKS
PROFILE
ACCESS

Can You Trust Me?

MOBILE
qrcode

OTHERS
SPONSORED LINKS

Hello,Lyla.

I yearn for your red shoes.
Lyla,
I rub your aching foot again.
<< Berry Roller (7) | main | Berry Roller (8) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
高く飛ぶための試練 その175
 週始め、友達からフラッと紹介メールが。

「 E GOES to WORLD 」

 みんなの写真 × Mr.Children「 彩り 」
 みんなで作る、ミュージックビデオ・プロジェクト。

 何やら楽しそうな企画で、ついつい場所を問わずに見入ってしまった。
 一点アップロードしてみようかなぁと考え中。

 Mr.Childrenが作る音楽や世界というのは・・・というか、”Mr.Children”という存在は、もう好き嫌いの次元じゃないところにあるような気がする。老若男女とまではいかないけど、ほとんど邦楽を聞かない僕でも、必ず何処かで耳に入ってくる。そしていつの間にか、記憶のBGMになっていく。

 よく考えるとそれはすごいこと。
 Mr.Children を聴いてると、頭も心も巻き戻ししていく。

 そうやって記憶の裏打ちをしながらタイプしてると、一時期すごく聴いてたMr.Childrenの曲があったなぁって思い返して。でも、それがどんなタイトルだったか、メロディーも歌詞の断片も思い出せない。聴いてた割に・・・思い出せない。シングルだったか、それともアルバムの一曲だったか。

 思い立ったら吉日生活。
 思いつきは、普段思わない事だから、思いつき。
 きっとそこには、心をくすぐる悪戯がある。

 実家に戻ってから開けてない段ボールから、ずっと使ってないMDを取り出して、ちゃんと充電できるのか分からないMDプレイヤーに差し込み。
 再生ボタンを指で押して。ヘッドフォンを付けて。焦点をぼかす。
 記憶を覗く時間。


 このMDは、当時Mr.Childrenの大ファンだった彼女がくれたものだった。彼女セレクションの彼女メイド。順番も考えての贈り物。僕が今持っている、唯一のMr.Childrenの音源。
 大学一年生の僕は、その頃洋楽バカのパンク好き。特にアメリカのメロディアス・パンクに陶酔してて、大音量でビートの速いリズムに頭を振る。だからバラード調な音楽や邦楽にはほとんど見向きもせずに、そっぽを向いてた。少し小馬鹿にしてる感じもあったかもしれない。女ならともかく、若い男がMr.Childrenって・・・みたいなところ。

 結局、付き合ってた間にそのMDは一度しか聴いてない。
 理由は、適当な感想を言うため。
 有名なシングル曲じゃない、ファンならではのこだわりの選択曲を見つけて、
 「 こんな曲あるんや〜。初めて聴いた。」
 そう言えば喜ぶかな〜って。
 今にして思えば、そんな思惑も全部彼女には見えてたのかもしれない。
 「 でしょ〜? 」って顔で笑ってた。

 二人でいる間は、二歳年上の彼女の車で出かける事が多かった。
 旅行とかってことはしなかったけど。市街を回ったり、ちょっと県外いったり。
 車の中には、Mr.ChildrenのCDがずらり。
 僕は僕で、パンクロックが聴きたかったりして、いつも代わりばんこ。
 でもいつからか、申し合わせた訳でもないのに、パンクの曲ばかりになって。
 どこか僕が、興味のなさそうな顔をしてたからかもしれない。
 僕が新しいCDを入れる度、運転席の彼女はそのバンドの事を僕に質問してた。

 別れはあっけなく。
 涙目の、こごもった声で言われた「 じゃあね。」に
 「うん、分かった。」と答えたような感じだった。
 唐突で、少し腹も立ってたりして。
 それをあんまり悟られたくなくて、終わりの理由もちゃんと聞かなかった。
 始まりの理由も、なかったようなもんだったし、って
 関係を軽くするようなことも考えて。

 でもそんな強がりが続いたのは、たかだか数日で。

 どうしてもっと見てあげなかったんだろう。
 どうしてもっと気づいてあげなかったんだろう。
 どうしてもっと表してあげなかったんだろう。
 
 苦しむ時間が、生活を止めて。
 誕生日もクリスマスもなかったその四ヶ月間に
 一枚のMDと後悔だけが残って。

 その中の最後の曲だった。14番目の曲。当時の最新シングル曲。
 あまりに響きすぎて、記憶が隠そうとしてたのか。
 あの後、ずっとリピートして聴いてたのに。

 歌詞に救いや、励ましの言葉がある訳じゃない。
 前向きになれるような曲調でもない。
 歌や詩になれない、この感情と苦悩が
 五分弱、続いてるだけ。
 もう叶わない、どうしようもない願いを
 代わりに歌い上げてくれてるだけ。
 でもそれは、その止まった生活を
 五分弱、埋めてくれて。


 僕はつい見えもしないものに頼って逃げる
 君はすぐに形で示してほしいとごねる

 矛盾し合った幾つものことが正しさを主張しているよ
 愛するって奥が深いんだなぁ
 
 あぁ何処まで行けば解りあえるのだろう?
 歌や詩になれない この感情と苦悩
 君に触れていたい 痛みすら伴い歯痒くとも
 切なくとも 微笑みを 微笑みを

 愛という 素敵な嘘で騙してほしい

 自分だって思ってた人が また違う顔を見せるよ
 ねぇ それって君のせいかなぁ

 あと どのくらいすれば忘れられんのだろう?
 過去の自分に向けた この後悔と憎悪
 君に触れていたい 優しい胸の上で
 あの覚束ない子守唄を もう一度 もう一度

 昨日探し当てた場所に
 今日もジャンプしてみるけれど
 何故か NOT FOUND 今日は NOT FOUND

 ジェットコースターみたいに浮き沈み

 あぁ 何処まで行けば辿り着けるのだろう?
 目の前に積まれた この絶望と希望
 君に触れていたい 痛みすら伴い歯痒くとも
 切なくとも 微笑みを 微笑みを
 もう一度 微笑みを

 NOT FOUND / Mr.Children


 ”NOT FOUND”かぁ・・・・
 なかなか思い出せなかった事にもうなずきつつ(笑)
 やっぱり心をくすぐられた悪戯に
 気がつけば午前様の針を見て
 明日のカバンに古びたMDプレイヤーを入れながら
 いつかの苦悩に微笑みを。
| 高く飛ぶための試練 | 01:30 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - |
comment